初めての相続の相談!?知っておくべき基礎知識

初めての相続の相談!?知っておくべき基礎知識

相続の相談と聞いたとき思い浮かべるのは税理士

相続の相談と聞いたとき思い浮かべるのは税理士 税の専門家である税理士は、個人事業主や企業の税や経営などに関することで利用されています。
自分で事業を行っている場合には確定申告で書類を提出をしなければなりません。
会社の売り上げや資産にかかる税金、経営のサポートなど税理士業務は多岐にわたります。
一般の方が利用する場合には相続の相談などがあります。
亡くなった方から一定の遺産を相続した場合には相続税の申告が必要となります。
自分でできるケースもあるのですが、遺産総額が高額だったり生前贈与や土地の贈与などがある場合には自分で申告することが難しいことも。
専門的な知識が必要だったり、準備が大変だったりと時間や手間がかかってしまいます。
また税金の申告には決まりがあり、間違えた申告をしてしまうとペナルティが課されることもあります。
そのような状況を避けるためにも専門的な知識を持つプロのサポートによる正しい申告が大切です。
相続の悩みは知識と経験を持つプロに相談すると良いでしょう。

相続税の申告を税理士だけに任せるのはリスクがある

相続税の申告を税理士だけに任せるのはリスクがある 日頃から税理士のお世話になっている人は、相続手続きのときも税額を大幅に減らしてくれると思い込んでいませんか。
そのような認識があると、納税の際に損をするかもしれません。
税理士というのは節税の専門家ではなく、申告のプロフェッショナルだからです。
複雑な計算や煩雑な手続きを正確に遂行する存在ではありますが、すべての税理士が相続税のことに精通している訳ではありません。
基本的には企業と顧問契約を結んだり、フリーランスで働く人の経費の計算をしているので、相続案件をほとんど扱わないケースもあるのです。
納税額を減らせるチャンスがあっても、税務署がわざわざ知らせてくれるケースもほとんどありません。
そのため親の財産が現金ではなく不動産として残されている場合は、税理士だけでなく不動産鑑定士や宅地建物取引主任者などの有資格者にも頼ることが推奨されます。
不動産の評価額に関しては実務経験が豊富な専門家に依頼し、会計処理と税の申告は税理士に依頼するようにしましょう。
相続においては依頼先の得意分野を考慮することが大事なのです。


Copyright © 2021 初めての相続の相談!?知っておくべき基礎知識 all rights reserved.