初めての相続の相談!?知っておくべき基礎知識

初めての相続の相談!?知っておくべき基礎知識

相続の相談はどのような専門家に依頼するのが良いのか

相続の相談はどのような専門家に依頼するのが良いのか 何から始めればよいか分からないかと思いますが、まずはどんな遺産があるのかを確認する必要があります。
その上で相談先としては弁護士、税理士、司法書士となりますが、相談したい内容によって異なります。
分割でもめている、放棄したいなど既に亡くなった方の遺産相続で困っている、揉めている場合などは弁護士に相談となります。
不動産の相続登記、遺言書の検認などは司法書士へ、財政の調査や相続税や確定申告など税に関することは税理士となります。
専門家でも得手不得手があるため、いずれの場合も相続を専門的に取り扱っている、精通している方への依頼が必要です。
相談するだけでも費用が発生する場合があるので、弁護士会や税理士会で開催している無料相談や地方自治体など行政が行っている無料法律相談や電話相談を利用しましょう。
その場で解決しなくとも、準備する書類や今後の対応などを教えてくれます。
専門家も紹介してくれるので自身で探すよりも確実です。

士業資格で異なる相続への対処を理解しておこう

士業資格で異なる相続への対処を理解しておこう 相続への広範な対応は、全ての士業で共通しているわけではありません。
士業資格を有している法律家は、それぞれの分野に特化してサービスを提供しなくてはならないので依頼をする方もその前提を理解して相談する必要があります。
例えば、弁護士は遺産相続に関連する包括的な法律の助言を行うことが可能です。
司法書士はそれらの中でも登記、つまり所有権の移転に関連する手続きを専門としています。
行政書士は、権利業務についての書類の作成が認められている存在です。
そして、税務に関連する対策を行うことが可能なのが税理士です。
相続では、こういった様々な問題点を明確にするために最善の手続きをしていかなくてはいけません。
トラブルとなる問題は個々人で大きく異なりますが、それに適した対応を行えるようにきちんと法律側でも準備をしています。
トラブルに応じて適切な人材に相談ができれば、必ずスムーズに解決ができるように考えられているのでその点は安心です。


Copyright © 2021 初めての相続の相談!?知っておくべき基礎知識 all rights reserved.